糖尿病治験モニターの募集サイトまとめました

糖尿病の治験について募集サイトの評判や特徴、参加者の体験談を紹介しています

治験モニター募集サイト一覧【糖尿病】

このサイトでは、糖尿病の治験モニター募集サイトの特徴や口コミなどをまとめています。また、治験に参加するための基本情報についても調べて紹介しています。

新しい薬の開発に貢献するという大きな社会的意義を持つ治験。これに参加すると専門医師による診察と改善のためのアドバイスが受けられます。さらに治験協力費や負担軽減費と呼ばれる謝礼も受け取ることができるなど、メリットがあります。

糖尿病の治験に参加できる人とは

治験は薬や治療法が世に出るために、その効果や副作用の有無を調べる大事なステップ。そのため、糖尿病の治療を目的とした物でも対象となる人は様々です。

  • 医師に糖尿病と診断され、治療を受けている人
  • 糖尿病と診断されたが、まだ治療を受けていない
  • 健康診断などで血糖値や血圧が高く、糖尿病予備軍と言われた人…など

このほかにも、新薬のテストのために、健康な人だけが対象になる治験もあります。

治験に参加するには、治験モニターを募集しているサイトへ登録するといいでしょう。まずは、治験ボランティア・臨床試験のモニター募集に定評のあるサイトを5つピックアップしてみました。

糖尿病の治験モニターを募集しているサイト一覧

JCVN
糖尿病の治験でおすすめのモニター募集サイト「JCVN」のロゴ 特徴 業界大手のひとつで、治験の実績が豊富。
事前に丁寧な説明をしてくれるので、治験前の不安が払拭できる。(毎日説明会を行っており、参加すれば登録できる。※東京近郊のみ。地方の方は郵送登録)
治験前日まで注意事項や会場の場所など、細かいフォローをしてくれる。
口コミ 口コミ自分の健康状態がわかったうえに、協力費ももらえてありがたかった。これが医学の進歩に貢献できるわけだから、ぜひ、今後も参加したい。
口コミ職場の定期健康診断よりも、はるかに多くの項目を検査してもらえたので、現在の自分の健康状態を把握できてよかったです。

JCVNで募集している糖尿病の治験を見る

インクロムボランティアセンター
糖尿病の治験でおすすめのモニター募集サイト「インクロムボランティアセンター」のロゴ 特徴 医療法人平心会の病院で行われる治験のみを扱っている。
経験豊富なスタッフがおり、細やかなサポートが可能。
会場となる病院の医師、看護師も治験の経験が豊富。
口コミ 口コミ子どもや孫たちが万が一、糖尿病になった時に良い薬や治療法ができていて欲しいと思い、参加しました。
口コミ薬を飲むだけでなく、週2回以上は血糖値を測定しなくてはならず、結構めんどうだなぁと思っていました。しかし、食事や運動の指導のおかげもあり、生活習慣が改善できました。

インクロムボランティアセンターで募集している糖尿病の治験を見る

生活向上WEB
糖尿病の治験でおすすめのモニター募集サイト「生活向上WEB」のロゴ 特徴 治験の問い合わせ専用窓口として「臨床試験コールセンター」を設置し、丁寧な受付体制を確立。
特定保健用食品やコスメのモニターも合わせると、案件数は業界最大級。
口コミ 口コミ自分の指に針を刺す「穿刺」が不安でしたが、説明をしてくれた医師が実践してくれたので、不安がなくなりました。
口コミ体調の変化を常に気にかけてもらえる、責任を持って対処してもらえる、自分の意思で辞退できるので、安心して参加できます。

生活向上WEBで募集している糖尿病の治験を見る

ボランティアバンク
糖尿病の治験でおすすめのモニター募集サイト「ボランティアバンク」のロゴ 特徴 2002年に日本初の治験モニター募集業者として設立された株式会社ヒューマが運営。モニター募集方法で特許を取得している。
治験だけでなく、大手食品メーカーや化粧品メーカーなど、大規模なモニター募集も行っている。
口コミ 口コミ検査の度に採血があり、39回も受けて大変でしたが、スタッフの方が非常によくしてくれたので、不安はありませんでした。
口コミ初めてだったので不安だらけでしたが、医師や看護師など病院の方々がとても親切でした。

ボランティアバンクで募集している糖尿病の治験を見る

V-NET
糖尿病の治験でおすすめのモニター募集サイト「V-NET」のロゴ 特徴 希望者の辞退が少なく、治験への参加率が業界NO.1。
参加希望者への電話による丁寧な説明や行き届いた案内も評判。
口コミ 口コミ担当の医師がとても優しく、親身になって相談にものってくれたので、精神的にも楽になれました。
口コミ病院スタッフの方がとても優しかったのと、とても清潔だったことで、マイナスイメージは払拭されました。治験の期間中は、検査時間以外は自由に過ごせて思ったより充実した時間を過ごせました。

V-NETで募集している糖尿病の治験を見る

このサイトが注目する糖尿病の治験募集サイトはJCVN

ここで紹介したのは、いずれも、登録者数が多く、治験モニターの募集案件や実績が豊富な団体が運営するサイトばかりです。その中でも、一番の注目サイトはJCVNです。JCVNの特徴を紹介します。

JCVNでは糖尿病の治験に限らず、モニターになるためには説明会への参加が必要になります。平日は毎日説明会を開催しており、この説明会に参加することで、治験のモニターとして登録できます。説明会を開くことで、参加を希望している人の不安や疑問を、解決してくれるのはとてもありがたいことですね。

説明会は東京近郊(1都3県)で行われることが多く、それ以外の地方の方は、仮登録後に郵送される資料に必要事項を記入し、返送することで登録が完了します。

治験モニターの世界では、サイトで登録してから一切顔を合わせないで治験に入るケースも珍しくありません。自分の体と健康を委ねる治験で、あまりに簡単な対応ではやはり心細いですよね。

JCVNの特徴のひとつとして、事務的・機能的になり過ぎないサポートも挙げられます。

「飲酒を控える」「●時以降は食事をしない」といった治験前日の注意事項をメールでもらえたり、治験会場がわかりにくい場所ある場合は、住所だけでなく地図もメールしてくれるなど、細かいサポートをしてくれるので安心です。

治験を受けるのであれば、ここで紹介したような細かいサポートをしてくれるモニター募集サイトからの応募をおすすめします。自分の健康づくりと新しい薬を通じた社会貢献を実現する方がお一人でも増えることを願っています。

JCVNから応募できる糖尿病の治験の詳細を今すぐ見る
http://www.jcvn.jp/infosite/dm/

※このサイトで紹介している情報は管理者が個人的に調査・収集した2014年3月時点のものです。
最新の情報は各公式サイトでご確認ください。

 
糖尿病治験モニターの募集サイトまとめました